浮気調査を個人で行うことは可能であるか

■浮気調査は個人でも行うことは可能

浮気調査を個人で行うことができるかですが、結論からいいますと個人間でも十分浮気調査を行うことは可能です。
ですが必要なものとして証拠を集めるという性質上必須なものがあり、カメラなど浮気をしている現場を収めることができるものを必要とします。

■浮気は相手のパソコンのメールやスマホのメールから判明する

相手が浮気をしているかどうかの浮気調査の初歩として挙げられるもので、自分一人でもできるものとしては、浮気をしている相手のメールのやり取りを証拠としてカメラに収めるというのが思い浮かぶでしょう。
ただ、これはプライバシーの侵害にあたり、違法行為になってしまいますので、簡単にできると思って気軽にやってしまうと、相手から訴えられる可能性もありますので注意してください。
共有で使用しているパソコンであれば問題ありませんので、チェックしてみるのはありかもしれません。
ただ、共有で使用しているパソコンを浮気で使用する可能性はほぼないでしょう。

■GPSは入手が容易でかなり安く入手できる

浮気調査をするに際し、浮気の疑いのある人物にGPSを取り付けて跡を追うという手法がります。
この方法は夫婦など家族関係であることが重要で、それ以外の場合はプライバシーの侵害となり、たとえ相手が浮気をしている事実がある人物であったもプライバシーを侵害したことについての責任は負わされる可能性があります。
また、夫婦関係である場合はでも共有の資産であれば問題ありませんが、それぞれの所有物であるとこちらもプライバシーの侵害にあたりますので、気を付けましょう。
共有の所有物で代表的なものを挙げるとすれば、車が挙げられます。
車であればGPSを取り付けても問題はありません。
よくいう知る権利ですが、この知る権利は何でも適用されるということではなく、相手のほうに限定されて適用されますので、血縁関係者や夫婦など家族としてのつながりが強いことが重要で、それ以外ですとかえって相手のほうに訴えられることも多いです。

■浮気調査の失敗のリスクを下げるには

浮気調査において失敗してしまうというリスクを抑えるためには一番手っ取り早いのが探偵を雇うことです。
探偵はその道のプロですから浮気の調査や家出人探しなど家族観または親戚などのトラブル解決に長けています。
これと並行して何でも屋というサービスもありますが、こちらは広く探偵や弁護士などの仕事を受け持つことができるものもあればできないこともありさまざまです。
その一つのことに特化しているという意味でいえば探偵のほうが証拠を集めるということに関しては特化しています。
そのため望ましい方法としては、失敗のリスクを下げるのであれば探偵を雇い入れて入念な打ち合わせ後に証拠集めに探偵の方に奔走してもらうのが望ましいです。