離婚を決意してから完了までの流れは

■はじめに

離婚は届けを出せば完了といったように簡単ではありません。
決意してから届けを出すまでには何かと決め事もあり、揉めるようなことも多いです。
またスムーズにいかない要因には揉めているだけでなくタイミングを間違えていることも挙げられます。
話し合う内容や順番を知っておかなければ、スムーズにはいかないでしょう。

■離婚の決意から相手に切り出すまで

当たり前ではありますが、いざその事態になると忘れていることがあります。
それは一時の感情で決めていないか、冷静に振り返ることです。
状況は人それぞれですので環境も人それぞれですが、離婚後子どもと生活できなくなるや経済的に苦しくなるなど将来のことを考えて決意しなければなりません。
家族が終了するということは、彼氏彼女のように簡単な話ではないのです。
だから揉めるのですが、良い点も悪い点も整理して決断することを忘れてはいけません。
離婚は一方だけで決められる話ではないので、必ず相手に切り出す必要があります。
この話を切り出すタイミングは非常に重要で、仮に相手が不倫していたことが原因である場合、その証拠を手に入れておくことがその後の協議を左右します。
タイミング次第では証拠が隠蔽されることもあるでしょう。
財産についても共有のものがあれば、どの程度あるのか把握できていない状態はタイミングとしては悪いといえます。
本来分与すべき財産が隠されてしまう可能性もあるからです。
ではタイミングはいつかということですが、一時の感情ではなく冷静に検討したうえでこちらの準備ができたときといえます。
当然子どもがいる際は、子どもの心身に大きなストレスを与えないように配慮することは大切です。

■その後のお金の話し合い

離婚を切り出し、離婚に向けて動く段階になるとお金の話し合いが始まります。
養育費や教育費、財産分与に状況次第で慰謝料請求です。
これらの親権・財産分与・慰謝料・養育費については、離婚協議書の記載事項です。
取り決めたことは口約束ではトラブルの元になるので、書面で残しておく必要があり、それが離婚協議書になります。
ちなみにこのままではただの紙なので、協議書を公正証書化しておくことが重要といえます。
公証役場に持ち込むと可能なのですが、協議内容が守られないときは裁判を行わず強制執行を求めることができるからです。

■当事者で話がまとまらない場合

協議をして役所に届けをすると離婚が成立します。
しかしお金に関わることはなかなか決まらないことが多いでしょう。
この場合はよく聞く裁判で決めていきます。
もちろん裁判だけでなく弁護士に入ってもらった調停離婚もあります。
この場合は決してスムーズとはいえず、1年やそれ以上かかることもあるのです。
第三者が入ることで、互いに冷静な判断ができるというメリットがあり、そのほうがかえってスムーズな場合もあります。
離婚は紙だけのやり取りや届けで済むような話ではなく、さまざまな清算が必要なとてもやることが多いことなのです。