浮気調査は法的に認められる証拠を揃えることが重要

■法律で定めている浮気行為とは

配偶者がいながらほかの相手と浮気をして肉体関係を結んだ場合、法的にはその行為は「不貞行為」であると定義しています。
婚姻関係にある者はパートナーに対して貞操を守らなければならず、それ以外の相手と性的行為に及ぶことは貞操義務の遵守に反します。
ただしそれを証明するためには、第三者が見ても明らかに不貞行為であったと認めるに足る証拠が必要です。
その証拠を集めるのが探偵事務所が行う浮気調査で、最も必要かつ重要となる事柄といえます。

■慰謝料請求にも必要となる証拠の類

浮気調査を依頼する人の多くは浮気をしていた事実が発覚した場合、離婚調停や慰謝料請求を起こすことが少なくありません。
また子どもの親権を獲得したいと考える人も少なくなく、裁判で争った際に絶対に勝てる証拠が必要です。
浮気調査で認められる証拠は主に写真や動画、本人の肉声が録音された音声などが挙げられます。
そのほかにもラブホテルの利用明細書も浮気を証明する有力な証拠になりやすいといえます。
ラブホテルの明細書だけよりも、ラブホテルに出入りする写真とラブホテルの利用明細書がセットになっていればさらに完璧です。
法的に浮気をしていたと認められるためには、肉体関係があった回数も重要となります。
シティホテルは1回の利用だけでは証拠としての力が弱いため、シティホテルや浮気相手の自宅が利用されている場合の浮気調査では、最低でも3回程度の写真撮影を試みます。
ラブホテルなら肉体関係に及ぶことを目的としているため1度の撮影でも構いませんが、継続した浮気状態にあることを証明するなら定期的にラブホテルに行っている瞬間を写真に収めれば決定的となるのです。
優秀な探偵はターゲットと浮気相手の顔が正面からはっきりと見える写真を撮影しますので、不貞行為を働いていたことを第三者に十二分に認めさせることが可能です。

■ラブホテルに出入りするときが勝負

浮気調査ではラブホテルに入るときと出てきたときの写真は、法的に争うときに必ず必要となる証拠です。
そのためラブホテルの入口と出口が複数箇所ある場合、通常よりも多くの探偵を配置する必要が出てきます。
また至近距離でターゲットに近付く場合は、怪しまれないよう探偵事務所の調査員が男女のカップルを装うこともあるのです。
ラブホテルでは別のカップルと遭遇することもあるため、ターゲットに警戒されずに証拠写真や音声を得ることができます。
浮気調査ではラブホテルへの出入りの瞬間が非常に重要で、このときにはっきりとした証拠を得られるかにかかっているといっても過言ではありません。