名古屋の探偵はどんな仕事をしているのか?

■そもそも探偵の役割って?

日本で探偵業を開業するためには公安委員会への届出が必要であり、探偵業法という法律に則って業務を行うのが鉄則です。
映画や小説ではさっそうと活躍しますが、実際の探偵は依頼された作業を請け負う職業の一つであり、すでに一般にも認知された業界となりました。
もちろん民間人ですので、探偵には逮捕するような権限も武器を使う権限もありません。
それではトラブル解決に限界があるのではと思われますが、逆に警察が介入できない民事のトラブルにおいて、未然の段階から介入することのできる大きな利点があります。
地味で地道な仕事ですが、実は現代社会を陰で支える存在になりつつあるのが探偵と言えるでしょう。

■探偵の仕事とは?

探偵の仕事はほとんどが調査業務です。
警察ではありませんが尾行も張り込みもしますし、依頼を受けて行動調査や不動産関係の調査、企業調査などを行うのが主な仕事です。
よもや結婚を考えている相手の身辺調査を警察に頼むこともできませんから、警察では対応不十分な部分を補える存在と言えます。
ただ最近では単なる行動調査ではなく、仲裁や介入業務も増えてきました。
住民トラブルや嫌がらせなどを仲裁することも少なくなく、あくまで第三者の立場から解決を目指すという難しい仕事を担うようになってました。
ただ、こうした助言や手助け業務をするためには、地域社会の風土や風習、そのエリアの暗黙のマナーなども熟知していなければなりません。
そのため、やはり名古屋のトラブルを解決するためには、名古屋を知り尽くした名古屋の探偵に依頼するのが一番となります。
トラブルの解決は、単に目先の問題を解決するだけでなく、その後もそうしたことが起きないためにアドバイスなどをすることも重要です。
つまり現代の探偵は、コンサルティング業務やカウンセリング業務まで担う存在になりつつあるのです。

■ほかの職業との違い

まず探偵と警察の違いは先に述べた通りですが、探偵は民間の立場から、警察は司法の立場からトラブル解決を担います。
次に混同されやすいのが便利屋ですが、便利屋は法律に則って業務を行っているわけではありません。
誰でもすぐに始められて、誰かに頼まれことをすることでお金を得ますが、そのほとんどは雑用です。
探偵はより専門的で複雑な依頼を受けており、仕事柄、警察とも深く連携している事務所が少なくありません。
元々警察OBが立ち上げた事務所などもありますので、法律にも詳しい専門知識のあるところも多いです。
近年は名古屋の便利屋も探偵業として届出をするところが徐々に増えてきました。
それだけ探偵業は現代に求められる業務であり、庶民の味方になりつつあると言えるでしょう。