子どもと会いたくても会えない時に

■離婚して子どもと会えなくなったら

離婚の原因があなたの浮気だったとしても、子どもの父親であることには変わりありません。
奥様を裏切った慰謝料を支払うことや毎月養育費を支払う代わりに、月に1回子どもと会える面会権を交渉で獲得している方は多いと思います。
ですが、離婚にあたって約束をしても、会わせてもらえなくなるケースも少なくありません。
勉強や部活動が忙しくて時間が取れない、再婚して新しい父親とうまくいっていて、 名古屋から岡崎市に引っ越したから遠慮してほしいなどと断られるケースもあります。
一番辛いのは子どもが会いたくないと言っているという理由です。
再婚したからといっても、実の父親として会う権利はあるわけですが、本人が会いたくないといえば、無理強いするわけにはいきません。

■本当に会いたくないのか

もっとも、子ども本人が本当に会いたくないと言っているかは不明確です。
面会権があるので、元妻としては断ることが難しいため、子どもが会いたくないと言っていると嘘をつくケースも多いからです。
とはいえ、会えないし、メールや電話、SNSなどで直接連絡を取ることはできない約束であれば、子ども本人に気持ちを確認する手立てはありません。
離婚の原因が自分にあると、元妻に遠慮してしまい、強くは言えないものです。
ですが、子どもとずっと会えないというのは辛いものです。
本当に子どもが会いたくないと言っているなら、あきらめもつきますが、その気持ちを確かめることが難しいとしても、元気で過ごしているかくらい確かめたいと思いませんか。
子どもへの愛情がある以上、再婚相手と本当にうまくいっているのか、辛い思いや寂しい思いをしていないか気になるものです。

■探偵に様子を探ってもらおう

離婚して、あなたのことを避けている場合や再婚して名古屋から別の場所に引っ越してしまったという場合、どこに住んでいるかがわからなくなることもあります。
自分で探そうとすると、元妻からストーカーだと訴えられる危険性もあるので、ここはプロに相談するのがおすすめです。
探偵は公安委員会の認可のもとで活動しており、各種法令や個人情報の保護など守らなくてはならないルールもあります。
そのため、違法な手段や相手が嫌がることや困る手段を講じて調査することはありません。
子どもが元気で過ごしている様子を写真や動画に収めてもらうことや再婚相手から話を伺い、お子様の気持ちを確かめてもらうといったニーズにも応えてくれます。