浮気調査をしてみたい

探偵に浮気調査を依頼してみたいけど、、、
・料金はいくらするのだろう
・どこの探偵事務所がよいのかわからない
・問い合わせをするのは少し恐い
・探偵に頼む内容なのかな
・誰かに相談したい

■どうして探偵に依頼するの?
不貞の事実を証明するには、不貞の証拠が必要になります。この不貞の証拠がないと、相手の浮気の証明ができなくなってしまい、離婚や慰謝料請求をする際に有利に進めていけなくなってしまいます。

■不利になってしまうケース
・慰謝料がもらえなくなる
浮気の事実を認めさせる証拠がなければ、相手が浮気をしていたとしても浮気の慰謝料を払ってもらえません。浮気の証拠がなければ相手に浮気したことを否定されてしまいます。
・不倫相手との関係が切れなくなってしまう
不倫相手に別れてほしいと言っても、不倫の証拠がなければ言い逃れをされてしまい、パートナーと不倫相手の関係は続いたままになってしまいます。最終的には相手が開き直ってきたり、逆切れをしてくる可能性もあります。
・一方的な離婚をされてしまう
浮気の証拠がなければ、相手から性格の不一致などの理由で離婚を切り出されてしまい相手の一方的な条件で離婚を進められてしまいます。浮気の証拠を掴んでいれば、相手は有責配偶者とみなされ一方的な離婚請求を原則拒否することができます。

■裁判で認められる証拠とは
・浮気相手とホテルに出入りしている写真
・肉体関係を証明できる音声やSNSなど

■不貞の証拠にならないもの
・LINEやメールなどSNSでの普通のやり取り
・食事に行っている写真

■もしかしたら浮気しているかも
・会社の飲み会が増えた
・帰宅時間が遅くなった
・会話がそっけなくなった
・スマホを隠すようになった
・結婚指輪をしなくなった
・休日出かけるようになった
・帰宅後にもコンビニや散歩へ行くようになった
浮気や不倫をしていると、生活態度や行動に以前とは違う変化が出てきます。相手に、浮気や不倫の疑いを持ったならば、プロの探偵に事実確認を依頼することをおすすめします。自分で相手を調べることは、あまりおすすめはしません。プロの探偵は言い逃れのない不貞の事実確認をし、浮気や不倫をしている決定的な証拠を確実におさえます。

■浮気調査の内容
・尾行
・張り込み
・聞き込み
・行動調査
どこへ行って、誰と合い、何をしていたのか、また、浮気や不倫をしていた場合には浮気相手の人物像・住所・会社・などを調査します。

パートナーが浮気をしているのでは?と日々悩んでいるようでしたら一度、探偵事務所に浮気調査の相談をしてみると、お悩みが解決できるかもしれません。

前の記事

浮気による離婚

次の記事

熟年不倫