熟年不倫

長年連れ添ったパートナーが、まさか不倫をするなんて、、、
近年、40代50代以上の熟年の既婚者が配偶者以外と不倫関係になる熟年不倫や、熟年離婚が増加傾向にあるようです。

■熟年不倫の理由
・時間とお金が自由になってきた
不倫は時間やお金に余裕がなければ行うことができません。子供の成長や独立などにより子供に割いてきた時間が減り、金銭的な負担もなくなってきて、時間と金銭に余裕が出てきて不倫やデートをしやすくなったことが理由になります。
・SNSなどで出会いが増えた
SNSが進化してきたことにより、男女が気軽に出会える機会が増えるようになりました。SNSは隙間時間に手軽にでき、1対1のやり取りも簡単にできるので、不倫をするハードルが低くなってきています。
・夫婦のマンネリ
お互いに対する不満や物足りなさから刺激を求めて不倫に走ってしまう、こともあるようです。
・暇つぶしに遊んでみた
SNSで気軽に交流できるようになり、はじめは友達のつもりだったけど気がついたら不倫になっていた、なんてこともあるようです。
・介護ストレス
介護のストレスから、現実逃避してしまい不倫をしてしまうこともあるようです。
・配偶者のDV・モラハラ
配偶者からの攻撃から、強いストレスを受けてしまったことにより優しい不倫相手に惹かれてしまうことも。

■熟年不倫チェック
・外出が増えた
不倫をしていると、何かと口実を作って外出することが増えてきます。
・身なりに気をつかうようになった
あまり身なりを気にしなかった相手が急に気にするようになったら、不倫のサインかもしれません。
・スマホをいじるのが増えた
スマホなんてほとんど触れていなかったのに、最近は肌身離さず持つようになった、誰かと楽しそうにLINEをしているなど、以前と変化が見られるようになったら注意しましょう。

■熟年不倫の慰謝料
長年連れ添っている配偶者に不倫されることは、とてもショックなことです。配偶者に熟年不倫をされてしまった場合は、精神的な損害として慰謝料請求をすることができます。離婚をするしないにも関わらず、条件を満たせば配偶者や不倫相手に慰謝料請求をすることが可能です。
・不貞行為
・故意・過失
不倫の慰謝料の相場は10万円~300万円程度になっているようですが、法律で金額が定められているわけではないので、不倫の交際期間・不貞行為の回数・不倫が原因で離婚に至ったか・婚姻期間・子供の有無などによって変わっていきます。婚姻期間や不倫の期間が長いほど慰謝料の金額は増額する傾向にあります。夫婦関係に与えた影響が、離婚しない場合とする場合では夫婦関係における被害が違うことから、離婚をするかしないかでも慰謝料の金額が変わります。慰謝料は養育費や財産分与とは無関係になりますので、離婚の際の金銭請求の際には内訳を明確にし慰謝料請求を行うとよいでしょう。

前の記事

浮気調査をしてみたい

次の記事

浮気調査の調査期間は?