浮気調査の調査期間は?

浮気調査を探偵事務所に依頼するときに悩むのは、調査の日時や調査の期間だと思います。調査の時間や調査期間が短いほど調査費用が抑えられることができます。依頼者側の希望日時で調査を行うのが最良なのですが、どうしても決められないときは相談時に調査期間や時間の相談をしながら決めるとよいでしょう。

■浮気する日が特定できる場合
浮気相手との連絡のやり取りで、いつ外出しているのかを把握できている場合は浮気をしている可能性が高い日を判断して、その日に浮気調査をします。調査員の人数と開始時刻を、調査対象者の情報から、依頼者様と相談のうえ決定します。

■浮気する日が特定できない場合
浮気をしていることは確実だけど、いつ浮気をしているのかわからない場合は、まず、怪しいと思う日を過去の行動から絞り込んで、その日を数日間調査してみます。早ければすぐにわかることもありますが、日数がかかってしまうこともあります。調査対象者の情報が少ないと調査日を絞り込めなくなってしまいますので、予算が決まっている場合などは、相手の情報をできるだけたくさん収集しておくとよいでしょう。

■調査対象者の情報とは
・顔写真・全身写真
・住所・勤務先
・よくいく場所
・趣味や習い事
・自宅を出る時間・帰宅時間
・宿泊の頻度
・わかるようでしたら浮気相手の情報
相手に警戒されない程度に、日頃から情報を集めておくとよいでしょう。

浮気調査の期間は、調査目的や調査費用、調査対象者の情報量によって違いが出てきます。浮気しているか知りたい程度でしたら一度浮気の現場を押さえられれば十分ですが、慰謝料請求などで確実な証拠が欲しい場合には複数回浮気をしている証拠があった方がよい場合もあります。浮気の証拠は、浮気調査を依頼するときの事前の情報量の多さが調査期間にかなり影響します。浮気する日がこの日だと事前にわかっていれば、その日だけをピンポイントで調査して浮気の証拠を得られますが、仕事帰りに浮気しているようだけど、それが何時なのかはわからないという状況になると、仕事帰りに毎日またはランダムに調査しなければならなくなってしまいますので調査期間が長くなってしまうこともあります。

通常の探偵事務所では、調査期間が短いほど調査料金が安くなっていますので、短期間で効率よく浮気の証拠が欲しい場合は、できるだけ多く情報を集めておくことをおすすめします。また、浮気調査の目的をはっきりさせておくことによって調査の終了が明確になりますので浮気の証拠をどうしたいのかを考えておくとよいでしょう。

前の記事

熟年不倫