浮気調査のタイミング

配偶者が浮気や不倫をしていることにより離婚や慰謝料請求を考えている場合は、浮気調査をすぐにでもするとこをおすすめします。浮気が原因で夫婦生活の破綻が離婚原因となることで慰謝料請求を増額することができ、浮気している相手に対して慰謝料を請求することも可能です。

性格の不一致、別居期間、金銭問題、親族との関係性などのような離婚理由は既に夫婦生活が破綻しているととらえられてしまい、浮気が原因としての離婚には結びつかず慰謝料交渉などは難しくなってしまいます。配偶者に浮気の兆候があるときは、離婚するしないに関わらず、すぐに浮気・不倫の証拠集めをするとよいでしょう。

■配偶者に浮気・不倫の兆候があったら
・浮気・不倫をしていることを知らないふりをする
・感情的にならない
・浮気・不倫をしていたと思われる日時や行動を記録しておく
・証拠のようなものを見つけたら、写真を撮って保管しておく

すべての浮気や不倫が離婚につながっているのではなく、話し合いをした事により円満に解決することもあります。もし離婚をする場合には、離婚調停や離婚裁判で使用できる証拠をプロの探偵におさえてもらうとよいでしょう。。

■浮気・不倫調査の簡単な流れ
配偶者が浮気や不倫をしているかもしれないと感じたら、探偵事務所へ相談してください。浮気・不倫調査をすると同時に、自分でも相手の浮気などに結びつくような証拠があれば保管しておくとよいでしょう。浮気・不倫調査を依頼した後は、探偵が調査対象者の浮気の証拠を収集していきます。調査が終了したら探偵が調査報告書を作成し、ご依頼人様へ報告書をお渡しします。

■浮気・不倫調査の目的
探偵に浮気・不倫調査の依頼をするときは調査をする目的をしっかり定めてから依頼することをおすすめします。
・浮気相手と別れてもらいたい
・関係を修復したい
・浮気相手に慰謝料を請求したい
・夫婦関係にけじめをつけたい

■探偵選びで注意すること
・ホームページに載っている事務所の建物が豪華すぎる
・言葉巧みなキャッチフレーズ
・別れさせ屋
・事務的な対応
など過度な広告の探偵業社、コミュニケーションのとれない探偵事務所や違法行為をする探偵業社には注意してください。探偵事務所は規模の大小に関係なく、自分が信頼のおける探偵事務所を選ぶことをおすすめします。

配偶者の浮気・不倫の問題は、ひとりで悩んでいても何も解決されません。真実を知り、悩みを解決し、新たな一歩を踏み出せるようにしていきましょう。

次の記事

妻の不倫の見分け方