妻の不倫の見分け方

最近、妻の不倫に悩んでいる男性が増えており、探偵事務所に妻の素行調査を依頼してくる夫がよく見られます。妻の不倫に気づいても、感情的になっていきなり妻を問い詰めないで、しっかり浮気の証拠を掴んでから有利な立場で話し合いを進めて行きましょう。

■妻の不倫相手
妻は、どんな相手と不倫関係になるのでしょうか。妻の不倫相手で、もっとも多いのが職場で知り合った相手になり、その次に出会い系やマッチングアプリなどネットやSNSなどで知り合う場合が多いようです。相手と長い時間を共有したり、同じ趣味を持つことで恋愛関係に発展するケースが多いようです。普段、家にいる相手より外で会う異性に刺激を感じてしまい魅力的に見えてしまうようです。

■妻が不倫していると
・メイクに時間をかけるようになった
・メイクが派手になった
・服装などがお洒落になった
・帰宅時間が遅くなった
・スマホを離さなくなった
・愚痴を言わなくなった
・行動パターンが変わった
・性交渉を拒むようになった
・こそこそ連絡をしている
・スカートを着るようになった
など、女性は嘘が上手いので見破るのは難しいかもしれませんが、じっくりと観察してみましょう。

■妻が不倫をしてしまう理由
・夫婦仲がよくなかった
・倦怠期
・セックスレス
・モラハラを受けている
など、夫への不満から他の男性の優しさに心が動いて不倫に走ってしまうようです。

■夫がとるべき行動
・浮気・不倫の事実確認をする
・離婚したいかどうか考える
・離婚しないで夫婦関係を修復する

■離婚を決めたなら
・親権はどちらがもつか
・養育費の支払い
・財産分与はどうするのか
・慰謝料はいくらもらうか
など、離婚を切り出したならば、まず話し合いで離婚の条件を決めていきましょう。

■やってはいけないこと
・不倫の事実を問い詰める
いきなり問い詰めることは避け、まずは証拠を集めましょう。
・暴力をふるう
感情的になって相手に危害を加えてしまうと、反対に自分が慰謝料請求されてしまう可能性があります。
・DVをする
離婚の際に、こちらのDVを原因にされてしまうかもしれません。
・家から追い出す
生活費が余計にかかってしまう恐れがあります。
・別居する
別居していることが離婚の原因になってしまうので、できれば避けましょう。
・不倫相手に会いに行く
不倫相手に会っても何の解決にもなりません。証拠収集をしましょう。

感情的になって突発的な行動を起こさずに冷静になってよく考えて行動しましょう。

妻の不倫が発覚したときは、動揺して変な行動を起こすことは自分にとってマイナスになってしまいますので、落ち着いて、第三者などに相談してみるとよいでしょう。妻の不倫の証拠をしっかりと集めて、今後のことについて冷静になって妻と話し合うとよいでしょう。