浮気調査・不倫調査を依頼したい

パートナーの行動が何かおかしい、もしかしたら浮気しているかもとお悩みではないですか?

■浮気・不倫の出会うきっかけ
・スポーツクラブ
・出会い系サイト
・同窓会
・風俗
・元彼
・風俗
・お見合いパーティー
・知人の紹介
・マッチングアプリ

修復の難しい状況や、相手が離婚を望んでいる状況で結婚生活を続けていくのは、精神的にも肉体的にもとても大変なことです。相手に対して日に日に不信感が増していくばかりで、ストレスだけが溜まってきてしまいます。浮気調査で事実を明確にして心の負担を少しでも軽くしませんか。

■浮気調査が必要なとき
・浮気相手と別れさせたいので証拠が欲しい
・子供の親権を確実にとりたい
・離婚の際に配偶者と浮気相手から慰謝料をとりたい
・浮気しているかどうかを知りたい
・浮気の証拠がないので何もできない
・離婚を進めるのに浮気の証拠が欲しい
・いざとゆうときの為に浮気の証拠を残しておきたい
・離婚して新たな人生を送りたい
・不貞行為における慰謝料請求を確実にしたい
・浮気をやめさせたい
・離婚裁判で不貞の証拠が必要
・本気になるのを回避させるため
・相手の出方をみたい
・不貞行為の証拠が必要

■浮気調査の報告内容
・調査対象者の行動
・浮気現場の二人の行動
・浮気相手の情報
・浮気の証拠写真
・その他、依頼を調査した結果

■浮気の証拠とは
裁判所で認められる証拠は肉体関係があったかどうかの、不貞行為が浮気の証拠になります。特定の異性に行為を持って、キスや連絡をとっている程度では不貞行為とは認められないのです。不貞ではないけれど、貞節でない行為や無断外泊など不貞が疑われても仕方がない行為を繰り返している場合には、「婚姻を継続し難い重大な理由」に該当し離婚が認められています。配偶者が同性愛者であった場合でも、離婚を認めている判例があります。

■不貞行為
日本の法律上、不倫は「不貞行為」といいます。
・夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為である。
・一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。
・男女の密会が性的交渉を伴わない場合は不貞行為にはならない。

■慰謝料請求の事項
浮気相手に慰謝料請求することができる期間が存在します。浮気をされたということを知ったときから3年あるいは、浮気があったことを知らなくとも、浮気があったときから20年経過した場合には消滅時効にかかるため、相手方が事項を主張してくることがあるので注意しましょう。事項期間内であっても、不倫関係が解消して時間が経ってしまうこと、事実関係や証拠などがうやむやになり、慰謝料請求することが難しくなってしまうケースも少なくないため、浮気の事実を知り慰謝料請求することを考えている配偶者は、できる限り早期に行動に移した方がよいでしょう。