不倫激増中!

コロナ禍の状況でまさか浮気や不倫なんて、と思うかもしれませんが、コロナ禍の今ほど浮気や不倫をしやすい時期はないのです。

■コロナで浮気がバレにくくなった
在宅勤務の増加により、会社へ出社する人が減り職場不倫をしている場合には独身宅の在宅勤務は会社側では確認することができませんので、もしかしたら在宅不倫をしている可能性もあります。さらに、在宅勤務とはいえ出社する日もあり家族へは出社日だからと嘘をついて不倫相手と会っていることもあるようです。また、外でデートする機会が減り、自宅やホテルなどに籠ってのデートが増えたため、浮気や不倫をしやすくなったともいわれています。

■人恋しくなった
在宅勤務になり、緊急事態宣言などで飲み会などが減ったため、人に会う機会が激減していて、人恋しさを感じている男女が増えたようです。今まで浮気や不倫とは縁がなかった層も、寂しさを感じて一線を越えてしまったなんてこともあるようです。

■出会いやすくなった
新型コロナウィルスの影響で婚活人口が減り、アプリなどの出会い系サイトを利用する人は、真剣に結婚相手を探している人か、本気で遊び相手を探している人しかいなくなってしまったようです。それにより、遊び目的で相手を探している人たちが堂々と目的を言って相手を見つけられるようになったようです。プロフィール欄に、ホテルで会える人募集と書いても、同じ目的同士でマッチングしやすくなっているようです。

■コストがかからなくなった
コロナ禍の影響でホテルや宿泊施設の料金が安くなり、飲食店も休業していたり、閉店時間が早くなっていることから食事などに行く回数も減り、直接ホテルに行くようなデートになってきたことにより浮気や不倫にかかる経済的負担が減ったといわれています。

コロナ禍がもたらした、新たな不倫の形で浮気や不倫がとてつもない勢いで増えてきており、日本は不倫大国になってきているようです。在宅勤務によりパートナーの行動がわからなくなったり何か疑いがあるようでしたら、探偵に浮気調査を依頼することをおすすめします。浮気や不倫の早期の調査は不貞の証拠が比較的つかみやすくなっていますので、割と短期間で不貞の証拠がとれる場合が多いです。また、早めに真実を知ることで、今後その証拠をどのように使用するか、今後パートナーとの関係についてゆっくりと考える時間をもつことができます。また、浮気・不倫相手との関係を断ち切ってもらうためにも、不貞の証拠は必要になってきますので、一度、探偵事務所に相談をすることをおすすめします。