不倫相手と別れさせる方法

不倫をしている配偶者が離婚をしたくないという場合に、配偶者と不倫相手を別れさせるのに、不倫慰謝料の請求が効率的なケースがあります。

■配偶者に不倫の慰謝料を請求すると効果的な理由
結婚している配偶者が不倫をする理由には様々な理由があります。夫や妻のことが嫌いになったわけではなく、お酒に酔って関係をもってしまってから、なんとなく不倫が続いてしまっているとか、相手の押しを断り切れずについつい不倫をしてしまったとか、水商売の女性にはまってしまったなど、つい出来心で不倫をしてしまったという話をよく耳にします。そのような不倫の場合、不倫はしていても離婚までは考えていないという人も少なからずいます。このような場合、不倫している夫や妻に対して不倫慰謝料を請求することで、夫婦間の不倫という問題を金銭的に解決し、夫婦関係を続けられるという意思を示すことで、不倫関係を清算させられる可能性も十分にあるといえます。不倫をしている当人からすれば、慰謝料を払うことで、今回の不倫の事を許してもらえると期待して、不倫相手と別れることをするでしょう。

■不倫相手に不倫の慰謝料を請求すると効果的な理由とは
不倫相手が不倫をする理由も様々です。相手にはまってしまい、夫婦関係の破綻を望んでいる場合もありますが、若年層の不倫相手の場合には不倫を軽く受け止めている人もいます。そのような不倫相手には慰謝料を請求することで、不倫相手が我に返り、不倫関係を清算して自ら別れるという場合もあります。仮に、不倫相手が慰謝料請求されたことを理由に配偶者と別れたとしても、不倫をしたという不法行為の事実は消えないため時効消滅するまでは慰謝料を請求できるという法律上の権利は消えないのです。また、不倫相手の中には、多額の慰謝料を用意できない人もいます。このような場合、慰謝料の支払いを免除する代わりに、必ず別れて今後二度と連絡を取らないように約束させるといった内容で示談をすることもでき、慰謝料請求をすることは結婚生活を取り戻すのに効果的な場合もあります。

■不倫相手と別れさせるのに効率的な慰謝料の請求方法
不倫相手と別れさせるために効果的な不倫慰謝料の請求方法として、慰謝料を請求するときには、示談の提案と合わせて行うと効果的です。示談とは、当事者同士の合意のことを言います。示談の内容は、当事者が自由に決めることができ、不倫相手と別れさせるために慰謝料請求をする場合には、二度と連絡を取らないことや、再度不倫関係になったら慰謝料を倍額請求するなどの文言を入れて、不倫相手と別れさせて、復縁しないように釘をさしておくことも可能です。

前の記事

浮気調査を探偵に頼むと

次の記事

浮気調査を依頼