浮気調査を依頼

パートナーが、もしかしたら浮気しているかも?とパートナーへの浮気の疑いが高まり、不安になってしまっているなら、探偵事務所に浮気調査を依頼することをご検討ください。パートナーが浮気をしているのかどうかの事実を知ることで、これから自分がどのような行動を取っていけばよいのかがはっきりとわかってきます。

■探偵事務所に浮気調査を依頼する
探偵へ浮気調査を依頼するのは、初めてのことで少し不安になってしまうかもしれませんが、パートナーの浮気を疑いながらモヤモヤとした毎日を過ごすくらいならば、今後の自分の人生の為にも早く事実を明らかにするべきでしょう。

■調査後の解決方法
・離婚することを決め、慰謝料請求する
離婚をする意思で調査を依頼する方と、調査後に浮気の事実が確認でき我慢できずに離婚を決断する方がいます。離婚は最終的に考えられる決断となります。調査の結果、浮気していなかった場合や風俗通いなどの場合もありますので調査の結果次第で決める方も多いです。浮気の証拠をつかんでから、弁護士に相談し調停離婚などで離婚することになります。
・離婚することを決め、配偶者と浮気相手へ慰謝料請求する
配偶者の浮気の証拠をつかみ、離婚を決断し、浮気相手の身元が判明している場合は、浮気相手に慰謝料請求をすることが可能になります。
・離婚はしないで配偶者へ慰謝料請求する
浮気調査終了後、浮気の証拠となるものや調査報告書を持参して弁護士に相談をして調停の申し立てをします。調停で和解が成立すれば生活費や養育費などが毎月支払われる事になります。離婚原因を作った有責配偶者からの離婚の申し立てはできないため、金銭面でも精神面でもかなりの負担を強いられる事になります。
・離婚はしないで配偶者と浮気相手に別れてもらう
離婚する気がないのであれば、直接交渉をしてみてください。冷静になって、浮気をしているかどうか聞いてみてください。怪しいと思った日などの行動を問いただしてみて、嘘をついていないか確認してみましょう。その後に、探偵に依頼した結果の調査報告書を見せてください。もしかしたら、相手は反論してくるかもしれませんが、写真付きの調査報告書を見せられているならば、きっと黙ってしまうはずです。浮気の非を認め、今後しないことを約束したならば、きっとあなたもすっきりするでしょう。浮気相手の女性には内容証明郵便で配偶者との接触をしないように勧告しておくとよいでしょう。

このように、浮気の証拠をつかんだ後は、いくつかの選択を考えられるようになります。配偶者の浮気でお悩みのときは、探偵に浮気調査を依頼して浮気の事実を確認し確実な浮気の証拠をつかむことをおすすめします。