名古屋で夫の不倫を疑ったら

■勘が働いたら早めに動こう

「夫が不倫しているかも」という女の勘は、意外に当たります。
共働きでお互いすれ違いが多い、夫婦の時間が過ごせていないケースをはじめ、子育てに協力的でない夫、妊娠中なのに帰りが遅い、休日出勤や出張だと言って出かける機会が多いときなどは、要注意です。
「子どもができたのに不倫なんて」と思うかもしれませんが、性欲が強い方などは、我慢できないケースが多いです。
気持ち的に動かなくても、体が動いてしまうケースがあるので、注意しなくてはなりません。
おかしいなと思ったら、キズが浅いうちに動くのがベストです。
関係が長くなると、夫が本気ではなかったとしても、相手の女性が熱をあげてしまい、ややこしくなります。
奥さんは何も悪くないのに、「別れろ。」と図々しく乗り込んできたり、「結婚してくれないなら自殺する。」などと驚きの行為にでたりする人もいるので、怪しい芽は早いうちに摘んでおきましょう。

■証拠を押さえたい

不倫しているかもしれないけれど確信はない、不倫は明らかだけれど相手はわからないといったとき、どうすればいいのでしょうか。
夫を直接問いつめても、素直に認める人は通常いません。
それどころか、火消しに走り、スマホのメッセージの履歴を消去したり、会う場所や時間を変えたり、しばらく会わないようにしたりとカムフラージュされます。
離婚したい、慰謝料請求したい、相手ときっぱり別れさせたいと思っても、証拠を消されてしまうとマズいです。
そのため、夫に直接アプローチするのではなく、夫が気づかないところで調査を進め、証拠を押さえることが大切です。

■プロに相談を

では、自分で調査して証拠を掴むのかというと、簡単なことではありません。
名古屋の夫の勤務先から、栄のラブホテルまでついていく、相手の女性の家がある岡崎までついていくなどは、到底無理ですし、思うように写真を撮るなどの証拠も押さえられません。
まして、自分も仕事が忙しい、子育て中や妊娠中では、思うように動けないでしょう。
そんなときに頼りになるのが、探偵です。
名古屋から岡崎まで、どこまでもつけて行ってくれ、証拠を押さえてくれます。
夫にも相手にも知られていない顔ですから、つけて歩いても、近くで食事をしても、バレるリスクもありません。
だからこそ、証拠を集めやすいのです。
証拠さえ押さえておけば、あとは夫を個人的に追いつめて別れさせる、離婚裁判の資料として提出する、不倫相手に慰謝料請求するときなどに使えます。