名古屋で安心の生活を送るための調査依頼

■気になる盗聴器や盗撮器

テレビの特集番組やニュースなどを見ていて、一般家庭にも盗聴器や盗撮器が知らない間につけられているケースがあるという情報を見聞きすると、名古屋での生活も不安になるのではないでしょうか。
名古屋では、賃貸住宅を頻繁に引っ越す方も多いですし、転勤によって新たに名古屋にやってくる方、長期出張で賃貸マンションや月決めマンションなどを借りる方も多いです。
前の住人が盗聴マニアで盗聴器を残していったかもしれないとか、前の住人を狙ったストーカーや恋人、同居人が盗聴器や盗撮器を取り付け、そのまま残されているかもしれないなど、不安になるかもしれません。

■賃貸住宅だけではないリスク

入退去により、他人の出入りがある賃貸住宅は、盗聴器や盗撮器の設置リスクが高いですが、一戸建てや分譲マンションなど自己所有住宅でも起こり得ます。
家電や家具の設置業者やリフォーム業者などのスタッフの中に、たまたま盗聴マニアがいたとか、友人や恋人などが遊びに来た際に、いたずら目的や盗撮目的などで設置していくおそれもありえます。
また、気をつけたいのが、中古の家電製品やスマホなどを、大須などの電気街やネットオークションなどで手に入れることです。
中古品の売り主が家電製品の内部などに、盗聴器や盗撮器を忍ばせてしまうリスクがあるのです。
盗聴器や盗撮器から発せられる電波を求めて、名古屋の街を徘徊しているマニアもいるので、注意しなくてはなりません。

■ターゲットは限定されない

盗聴器や盗撮器というと、特定の人をターゲットにしたり、女性の裸などを狙っていたりすると思われますが、マニアはターゲットは特定していないことも多いです。
他人の私生活を覗けるのが楽しいとか、たまたま女性の家だったらラッキーくらいの感覚です。
誰もがターゲットにされる危険性があるため、おかしいなと感じることがあったら、探偵に調査を依頼しましょう。

■こんなときは注意を

盗聴器や盗撮器が取り付けられていると、テレビやラジオ、スマホなどが作動したときにハウリングが起きたり、雑音が入ったりすることがあります。
自宅の周りに見知らぬ車が頻繁に停まるようになったときには、マニアが盗聴中かもしれません。
さらに、自宅に帰ると営業の電話がかかってくる、営業マンが訪問してくる、留守中に何度も空き巣に入られたときも、要注意です。
盗聴によって、自宅にいるかどうか、確認されている可能性があります。
名古屋の探偵に依頼して調査を行い、除去してもらえれば安心です。