名古屋市には探偵事務所や興信所がたくさんあるが両者の違いは?

■愛知県で一番人口が多い名古屋市

名古屋市は、愛知県内で最も人口が多いエリアです。
現時点での名古屋の人口数は、約230万人となっています。
それだけ多くの人が集まっている理由は、名古屋市が暮らしやすい街だからでしょう。
市内には、商業施設、病院、学校など色々な施設がそろっている上に、名古屋城などの有名な観光市ポットもたくさんあります。
岐阜県や三重県方面へもアクセスしやすく、交通の便が非常によいことも、名古屋市に人口が集まる理由でしょう。

■探偵事務所と興信所の違い

そんな名古屋市には、探偵事務所や興信所もたくさんそろっています。
離婚問題やパートナーの浮気で悩んだときに、探偵事務所と興信所のどちらへ相談すべきかで迷う方もいるかもしれません。
探偵事務所と興信所の主な違いは、調査対象です。
かつて、興信所は、身分を公表した上で、企業の資産状況や経営状態などを調べる信用調査を行う機関でした。
一方、探偵事務所では、身分を明かさずに対象人物の身辺調査や捜索をしていたのです。
ただし、現在では、探偵事務所と興信所の調査対象には、大きな違いはありません。
どちらでも、浮気調査、素行調査、盗聴発見調査、信用調査など、さまざまな調査を請け負っています。
近年は、ストーカー対策や盗撮器調査などに取り組む探偵事務所や興信所も増えてきました。
何度断ってもしつこく付きまとわれ、誰かが会話の内容を盗み聞きしているのではと心配な方は、探偵事務所や興信所へ相談して、いい対応策を考えてもらうとよいでしょう。

■探偵事務所や興信所は本当に信頼できるの?

探偵事務所や興信所を利用する場合は、依頼者や調査対象者の個人情報を渡すことになります。
依頼者の中には、個人情報が外部に漏れるのではないかと、不安になる方もいることでしょう。
探偵事務所や興信所では、守秘義務の遵守して営業していますので、心配は要りません。
調査で知り得た秘密や情報を第三者へ漏らしてはいけないと法律にも定められているのです。
もしも、法律違反を犯してしまうと、その探偵事務所は、営業廃止や営業停止などの罰則を受けることもあるのです。
このように秘密厳守に関して、厳しいルールが定められているため、探偵事務所や興信所が依頼者の情報を外部に漏らすということは、基本的にありえません。
名古屋市内には、公安委員会から正式な認可を受けた探偵事務所や興信所がたくさんありますので、安心して相談できそうなところを探してみるとよいでしょう。